良い求人・悪い求人の見抜き方

良い求人・悪い求人の見抜き方

求人は沢山世間に溢れています。その中には良いものもあれば悪いものもあるのが現実です。なるべく良いものを見つけてそこで働きたいと思うはずです。求人について考えてみましょう。

良い求人とは何を指すのか

インターネットで検索するとよく良い求人と悪い求人の見分け方について書かれているサイトをよく見かけますが、その違いについては一概に言えないものがあります。
このようなサイトの場合にはその人個人の考え方で書かれていることが多いので、客観的に考えている分けでないと受け取られても仕方がない部分があります。
ただ一般的に良い求人とは真実を書いているかどうかで決まると考える人が多く、逆に悪い求人とは全く事実と異なることが書かれていることを指すと考える人が沢山います。
それも一理あり良い求人は決して給料が安いとは言えない場合が多く、休日日数も少ないのであまり魅力に感じないことがあります。
しかし絶対にその給料の額は減らすことなく支払われることが多く、休日日数についても書かれている通り休ませてもらえます。
このように書かれていることを必ず守ってくれるのであればそれはとても良いと感じますが、これがあまりに給料の額が高く休日日数も異常に多いと不思議感じる人も出てきます。
こういった会社は全てではないのですが、与えられたノルマを達成しなければ給料が支払われなかったり休みも返上して働かせると言ったブラック企業の場合が多いです。
そのため例え良いことばかりが書かれていても殆どそれが守られない場合には良い求人とは言えないので、良いことばかり書かれている場合には殆どの人が警戒するようになります。
こういったことを総合的に考えると良い求人とは全く誇張することなく事実をそのまま載せていることであり、その逆は驚くほど給料が高いことが書かれているのにそれが殆ど守られないことを意味します。
ですから求人情報を見て仕事を探す時には、その点に十分に注意して仕事を探さなければ行けなくなります。

求人に良いことしか書いてない場合

仕事を探して気がつけばその求人内容が良い事ばかりしか掲載していないなんて良くある話です。雑誌でもインターネットの求人サイトでも文字数には制限がある為、伝える内容は出来れば読み手に取ってプラスになる言葉が多いでしょう。もちろん内容は良い話も本当である事が大半ですが、自分の気になる部分が書かれていない場合には応募前に問い合わせるという事が不安解消になるでしょう。
特に小さいな子供を持つママにとっては「子供の休みに柔軟」とプラスの表現で記載されていますが、実際には欠勤を堂々としては良いとは言っていません。ある程度理解はある職場でも働く事の意識は常に持っていないと最悪の場合には解雇にもなりうるでしょう。良い内容しか書かれていませんが、すべてを鵜呑みにせず、働く意味やマナーを考えて求人を読むと良いでしょう。
求人を探す上でのポイントは良い事ばかりに目が行ってしまう事はリスクを伴うという事であり、働く上での自分の条件や不安点を解消した上で求人を閲覧すると良いでしょう。
一方でデメリット部分を同等と書いてある求人も目にします。この場合には読者が気にしている部分を堂々と記載する事である程度企業側もデメリットであると感じており、それに代わるメリットやデメリットに対応する方法がある場合も多いでしょう。例えば屋外作業ばかりで夏場は暑い場合、読み手にとっては暑い環境はデメリットに感じる人も多いでしょう。その代り、涼しい休憩所完備と付け加えてあればその他の条件が良ければメリット部分もあって、総合的に判断したら良い印象になるケースもあります。堂々とデメリットを記載する事でそれ以上のデメリットはないと感じる人もいます。

求人だけで判断していいのか

就職先企業を決めるための求人情報ですが、求人情報にはごくわずかな情報しか掲載されておらず、実際に働くためには分からないことだらけになってしまうのではないでしょうか。
そこで、どのような情報を得ながら判断していけばよいのか、例を挙げたいと思います。
●企業のホームページ
基本的には、ホームページには良いことしか載っていません。企業の宣伝をするための媒体ですから、悪いことを載せる訳がないので当然ですね。だからといって役に立たないけではありませんよ。
まず、上場企業であれば、財務情報が掲載されています。過去数年分が掲載されていますので、企業の過去の業績がわかります。また、IR情報と言って、投資家向けの情報を発信するページが設けられています。これらを参考にすると、過去の業績と今後の事業計画がおぼろげながらも想像できるはずです。
非上場企業であれば、積極的な情報発信を行っているかどうかが一つの指標になります。ホームページの充実度は経営者の判断によりますが、積極的に情報を発信している企業は成長力がある会社であると考えてよいでしょう。
●ハローワークの情報
意外かもしれませんが、ハローワークの相談員に聞くと、求人票にない情報を得ることができるのです。それは、人の出入りの激しさです。大企業には当てはまらないかもしれませんが、例えば欠員募集の求人の場合、何か月前に同じ求人が出ていたかを聞くことで、その企業の定着率が見えてきます。相談員さんは隠すことではないために教えてくれますので、積極的に情報を得ましょう。

いかがでしょうか。せっかく仕事をするのですから気持ちよく仕事をできる企業で働きたいですよね。そのためにも、しっかり情報収集をして、よい求人に巡り合えるようにがんばりましょう。

■WEB系のプログラマーの仕事内容の真相は下記サイトをご覧ください!
例えばプログラマーは安くて辛い?