良い求人・悪い求人の見抜き方

求人は沢山世間に溢れています。その中には良いものもあれば悪いものもあるのが現実です。なるべく良いものを見つけてそこで働きたいと思うはずです。求人について考えてみましょう。

ピッキングの求人はうまくやれば儲かる

ピッキングの求人とは、物流センターなどでの仕分け・品出し作業のことを言います。例えば、大手の通販サイトでテレビ、マウス、キーボードなどの複数の商品を購入したとします。物流センターでは、注文票をもとにして、ピッキング作業員が倉庫の中からテレビマウス、キーボードなどを探し出して、出荷できる状態にします。物流センターによってやり方は異なり、効率的に作業をするように工夫されています。

よく、注文をしたのと違う品が届いたとか、色が違っていたとか、そういった苦情が来ることもありますが、ピッキング作業員のミスなどが原因となっています。そういう意味では、責任のある仕事です。

この求人のメリットとしては、特別なスキルは必要なく、慣れれば比較的だれにでもできる仕事なので、やる気さえあれば採用されやすいということです。また、アルバイトで休日だけ働くとか、夕方から夜間に4時間くらい働くとか、曜日や時間帯が柔軟に設定できるというのもメリットです。

さらに、大手の物流センターなどの求人は、時給が高めに設定されている傾向があります。簡単な作業であるにもかかわらず、時給が1000円を超えていることもあるので、うまくやれば儲かります。例えば、平日は派遣で働いている人が、休日だけピッキングの仕事をして、月の給料を5万円ほど増やすということもできます。

デメリットとしては、物流センターなどは湾岸エリアにあるなど、やや通勤がしにくいというところにあります。夕方に4時間だけ働くという場合などは、通勤に時間がかかってしまったり、交通費がかかってしまったら割に合わないということもあります。逆に、運よく自宅の近くに物流センターがあるという人にとっては、儲かる仕事となるでしょう。