良い求人・悪い求人の見抜き方

求人は沢山世間に溢れています。その中には良いものもあれば悪いものもあるのが現実です。なるべく良いものを見つけてそこで働きたいと思うはずです。求人について考えてみましょう。

求人一覧を見るよりも、支援を受けたほうが得?

まだ20代の若い人なら、求人一覧を見て、自分で仕事を探しても、成功する可能性が高いです。しかし、若くて経験が浅い人は、自分がこれからどのようなキャリアを積んでいけばよいのか、分からないという人もいるでしょう。自分の学歴、持っている資格、それまでの社会人経験から、正社員として転職できる可能性が高いルートはどこになるのか、キャリアアドバイザーの支援を受けられたら、より明確になるかもしれません。若い人は、求人サイトを利用してでも、転職が成功しやすいですが、それが逆に、危険でもあります。面接に通過して採用をもらったら、成功と考えてしまうからです。必ずしも、それがベストの選択肢ではないかもしれませんし、もしかしたらあまりよくないルートを進もうとしている可能性もあります。

30代の人は、普通に転職サイトを利用して就職活動をしていると、なかなか理想の仕事にめぐり合えません。30代の人は、転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーのサポートのもと、転職を成功させることがベストの方法かもしれません。転職エージェントのメリットは、コストはすべて企業が負担してくれるため、労働者側は完全に無料で利用できるということです。キャリアアドバイザーのサポートを受けながら、転職に関するすべてのことを支援してもらえます。しかし、20代の若い人や、30代の人でもそれなりのキャリアを持っている人でなければ、可能性が低いとされて、支援を断られてしまう可能性もあります。企業がコストを負担しているので、将来性のある若者のサポートがメインとなります。

転職エージェントの支援を受けられない人でも、国や自治体が行っている転職支援を受けられることがあります。一人で転職を成功させようとせず、積極的に支援を受けてみましょう。