良い求人・悪い求人の見抜き方

求人は沢山世間に溢れています。その中には良いものもあれば悪いものもあるのが現実です。なるべく良いものを見つけてそこで働きたいと思うはずです。求人について考えてみましょう。

週払いのキャッシャーの求人は町中に多数あり

求人サイトなどを見ていると、「キャッシャー募集」といった文面を見かけると思います。
キャッシュはお金、でもキャッシャーとは?と疑問に思う方もいるかもしれないので、解説したいと思います。
キャッシャーとは、シンプルに、俗っぽい表現を使えば「レジ係」です。お客様とのお金のやり取りをする仕事ですね。
例えばコンビニ店員であれば、レジの他に陳列、清掃、調理など様々な仕事をしなければなりません。こういう場合はキャッシャーとは呼びません。
他に専門性の高い仕事をしている人たち(例えば、レストランであれば調理担当など)がいる中で、レジを担当する、というのがキャッシャーです。
他の仕事もしてもらう場合は、たいていの場合求人サイトには「キャッシャー兼何々」という形で掲載されていると思うので、そこで働いた場合何をしなければならないかはそこを見ればわかります。
具体的に仕事内容を書くと、入り口、出口に置かれているレジを操作してお客様に応対します。
その上で、お客様が払わなければいけない金額を伝え、払ってもらう。
ポイントカードやクレジットカードの扱いがあればそれに対応した操作をする、
お釣りを渡して「ありがとうございました」と言う、といったところでしょうか。
誰でもできる簡単な仕事と思われるかもしれませんが、だからこそより良くしがいがあるというものでしょう。
レジの操作はもちろん、お客様が大抵の場合最後に接する店員なのですから、最終的な印象はキャッシャーにかかっていると言っても過言ではないでしょう。
そんなキャッシャーの仕事を求人サイトを見ると、「週払い可」といった文面がよく見られます。給与面でも勤務日、勤務時間の面でも、非常に手軽に始めやすいお仕事ではないでしょうか。